Happy Balance

「子どもとわたしHappy Balance」をキーワードに、子育て中の親や子ども達の育ちを、講演会やセミナー、イベントなどを通して応援しています。  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルザフォーラム「思春期を迎える子どもへの親の心構え」終了しました!

10月21日(水曜日)10時からアルザにいがたで開催されたワークショップ、「思春期を迎える子どもへの親の心構え」に13名の方に参加いただきました。ありがとうございました!

6月のワークショップ「親ってなあに?」の続編として、Dr.フキコことコバヤシフキコ先生を再度、講師にお迎えしました。

フキコ先生も連日セミナーや講演会で大忙しのスケジュールの中、駆けつけてくださいました。

最初にワークショップ終了後までの自己目標を設定。

次に最近上手くいっていることについてグループの中で発表します。発表者以外は、「いいね~!」と言って拍手。

「てれくさかったけれど、言ってみてすっきり。なんだか認められた気分」といった感想が会場からあがりました。

空気が和んだところで本題に入ります。

人には3つの本能があるといったお話。

1つ目は、仲良くなりたいという本能。
誰にでも最低一人は、自分のことをどんなことがあっても、どんな時も見放さない味方が必要だということ。そういう人がいてくれるというだけで安心できます。

親は誰でも子どものことは大切と思っていると思いますが、その言葉が表面的なだけだと、すぐに子どもにはわかってしまうという具体的なお話もありました。

チャイルドラインにいがたの代表として様々なケースに対応していらっしゃるフキコ先生ならではのお話にジーンとなって涙なしに聞けない場面も。

「いつもあなたの味方だよ」と心からのメッセージを子どもに伝えていくことが大切だと思いました。

帰って早速テレビを見ている愛娘に「ママはずっと○○ちゃんの味方だからね!」と言ってハグしたら、「えっ?なんで今、その話?」って言われてしまいましたが・・・

2つ目は、人は不快から快には向かいやすいが、反対は難しいということ。

つまり、テレビやゲームをしている子どもに宿題やれって言っても難しいということ。先に宿題を終わらせてからテレビやゲームをした方が気分はすっきりして楽しいわけで・・・。

このあたり、難しいですね。子どもはどうしても先に楽しいことをやりたがりますから。

「快」の状態をどうイメージできるかですよね!

3つ目は、人には恒常性があるということ。

成長していくためには変化が必要なのですが、本能として人は変化を嫌うのだということを理解しておくことが大切なようです。

つまり、変化を取り入れない子どもにイライラせず、それは本能だから仕方ないと理解しておく。でも変わってもらいたいところは「不快」から「快」、明るい未来に向かって変化できるようにする。そのためにも1つ目の本能を満たすために子どものための安心のベースをしっかり築いておくことが大切ということでした。

この他、今日から実践できるテクニックなど、いろいろ伝授いただきました。

フキコ先生の漫画も出るそうで、今からとても楽しみです。

121122s.jpg


これからもHappyBalanceは子育て中の方をサポートできるセミナーを開催していきます。

応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 子育て・教育

[ 2012/11/28 14:55 ] Report | TB(0) | CM(2)

「親ってなあに?」親自身へのQ&A 終了しました。

6月23日(土曜日)10時からユニゾンプラザ5Fで開催された、ワークショップ
14名の方に参加していただきました。保育室利用者は4名です。 ありがとうございました。

ワークショップの様子や感じたことを中村が少しご紹介したいと思います。


ぶっちゃけば番外編A4IMG_8910.jpgIMG_5543.jpg

IMG_6552.jpg

Q共通点はいくつある?二人一組で、2分間に共通点を探すワーク

一番多いペアーには豪華賞品があるかもしれない…のフキコさんのお話で急にみんな必死で探しました。

(数が勝負のワークどのペアも結構必至)

(例)
子どもがいる。
女の子がいる。
動物が好き。
新潟市に住んでいる。
旅行が好き
結婚している
小学生の子どもがいる  などなどこの日の最高記録15個でした。

【ワークのツボ】
このワークで初対面の方との距離がグッと近くなります。
コミニュケーションは抽象的な共通点から始めてみる。共通、共感。が多いと親密度が上がる

このワークは子どもとの共通点を見つけて距離を縮めてコミニュケーションを取る
親との距離が近くなると子どもは安心する 。


Q 自分はどんな人?
  自分について書き出すワーク。  

  私は○○です。
  私は○○の人です。
  私は○○な人です。
  私は○○と思っています。

   ・明るい  
   ・元気
   ・よく笑う
   ・よく食べてよく呑む
   ・人と会うのが好き
   ・行動力がある
   ・旅が好き  
  
  
   ・褒められると調子にのる   
   ・アロマテラピーが好き
   ・フットケアセラピスト
   ・熱しやすく冷めやすい
 
  
   ・飽きっぽい
   ・切りかえが早い
   ・人の助けるになりたいと思っている 
              などなど 私が2分間で書き出せたのは18個

これが、なかなか難しい。
自分のことをわかっているようでわかっていない。

外的要因、内的要因、ポジティブ度をチェック。自己診断しました。
自己分析の結果いろいろな気づきがあるワークです。

ここでの私の感想…。「どんな自分もポジティブに考えられていて。なんかいいんじゃない?」です。
自己肯定感は大事ですよね(笑)

【ワークのツボ】
自分を知る。
みんなひとそれぞれ基準が違う。
感情の基準を見つける

迷った時に自分の感情基準があるといい。
選択が早く後悔が少ない 


 RAS
Q部屋の中を見回してピンクを探してみましょう

参加者は部屋の中のはピンクを探してみました。
しかし、フキコさんからの Qは 緑のものはどこにありましたか?
緑のモノの記憶がありませんでした。

ここららわかることは「たくさんの情報からピンクだけを抽出している」
興味がピンクだったのです。他の情報を遮断して脳が処理しています。
フィルターの役目をしているRAS
何に自分が興味があるかないか、関心を持つかどうか
子どもたちも同じく興味を持っているものは身につくが興味、関心がないものは身につかない

【ワークのツボ】
自分の興味関心が何なのか、何に興味があるのかないのか、納得できるかどうかなどを知っておく
信念、思い込み、こだわりが強いと情報を跳ね返してします。RASが跳ね返す


Q言われてうれしかったことばは?
 大きな字で人から言われてうれしい言葉、こんな風にいわれたらうれしいな~と感じる言葉を10個書き。
 それを他の方から一斉にいってもらいました。

 これは、とても恥ずかしいような嬉しいような、体温が上がるワークでした。
 顔が赤くなる人、テレテレな笑顔。みんな様々な幸せそうな笑顔でした。


【ワークのツボ】
人を褒めることは難しいので訓練も必要。
その人が喜ぶ情報をもっていればいい。
相手の喜びぶ褒め言葉を知る
嬉しい体験。自分の成功イメージ。自分のイメージを持つことが大事。


<ワークを終えてのみなさんの感想をご紹介>

・とても興味深く楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。子供を注意したりが多くなってしまいがちなので、誉めるを心がけたいと思います。もしかして私が強化したい子供の良い点を心がけて誉めるのも有効?と思ったりしました。

・この講座で本当によかったと思っています。自分の事を再度見つめ直す事ができました。ありがとうございました。

・子供が小学生になり、小さい頃とはまた違う、いろいろな出来事にぶつかってしまいます。今日は、その一つの解決への道が見えてきたように感じました。ありがとうございました。 


Drフキコさんと考えるワークショップ
2時間という短い時間の間でたくさんの学びがありました。
全部は一度に脳に詰め込むことは難しいですが私自身もいくつかのキーワードで実践していきたいです。
自分の価値観や自分のフィルターを通してみていた子どもの姿。
こんな風になってほしい、こんなことができてほしいは、私のイメージ。
自分を知ってこそ自分の子育てが見えてくる。
自分の価値観の外は違和感。
子どもを100%受けいる覚悟が必要。

これからもHappyBalanceは子育て中の方をサポートできるセミナーを開催していきたいと思います。 IMG_5503.jpg

中村のレポートでした。

[ 2012/06/25 10:00 ] Report | TB(0) | CM(0)

本日のぶっちゃけば

今日は月に一度のHappyBalanceぶっちゃけばの日です。

メンバーは会場準備をサクサクとこなしながら、「GWどうしてた?」「前半は天気よかったよね~」

メンバー同士でGWの過ごした近況報告を口々に話し出します。

この時間と何気ない会話を Happy Balance は大切にしています。

お互いの話に耳を傾けながら準備を進めていくことでぐ~とこころを近づけて一つにしていきます。


そして、参加者を笑顔でお迎えします。

__1_20120507221302.jpg


今日のテーマは「新学期が始まり1か月がすぎましたが、どうですか?」

お子さんが入学して間もないお母さんにとっては1か月過ぎたから思う疑問、不安、がありました。

IMG_1939.jpg

「宿題」
・どこまでみればいいの?
・宿題の量は減らしてもらえるの?
・宿題と自主学習の時間が両方とれない。
・自主学習何をやらせればいいの?

「PTA」
・学校のお母さん同士のコミニュケーションが取れない。
・PTA総会、学級懇談会、参加している人が少ないのはなぜ?
・学年行事など何をしてますか?
・役員はいつやるのがベストですか?

「お友達」
・お友達ができるか仲よくなれるか心配。
・学校がこわいと言い出した
・近所に小学生の子どもがいない

などなど

【今日のぶっちゃけばのツボ】
・お母さん同士のコミニュケーションはまず、学校行事やボランティアなどで学校になるべく行く機会を増やす。
 先生とのコミニュケーションも取れるので懇談会は出た方がいい
・先生にこんなこと聞いても大丈夫かな?と心配する前にとにかく聞いてみる。連絡帳をつかう。電話する。
・自主学習教材は3年生くらいからでも遅くない。1.2年生は宿題だけで十分かも。


様々な価値観のなかで子育てしていると、私自身が親として迷うことも多くあります。
まわりに流されることもあるし、子どもに意見に流されることもしばしば…
でも、いつも感じることは、自分がどう育てたいか。何を伝えたいかが大事。
親の思いばかりが強すぎても子どもにはプレッシャー。
こどもの性格や環境に合わせた私なりの子育ての軸を大切に伝えたいと思います。

本日のレポーターは中村えり子でした。

本日は子育てなんでも相談きらきら様からプレゼントがありました。
今日の参加者はラッキー!!
IMG_6982.jpg

次回も限定で4枚プレゼントいたします。是非、ふっちゃけばに参加してエコバック手に入れてください。

次回のぶっちゃけばは6月4日(月)10時からです
気軽に「ぶっちゃけ」に来てください。
「話すことは放すこと」
一人で悩みや不安を抱えて子育てしているママも「ぶっちゃけば」で話せば一人ではなく、みんな同じ悩みがあることに気づきます。
目からウロコの子育てのヒントを見つけてこころ軽く笑顔の子育てを!


【予告】
回を重ねてきた「ぶっちゃけば」スペシャル企画!!
6月23日(土)には子育ての軸に気付くワークショップ「親ってなあに?Q&A」
Drフキコさんをお迎えして開催します。
その内容については後日お知らせいたしますのでもうしばらくお待ちください。







[ 2012/05/07 21:28 ] Report | TB(0) | CM(0)

ミーティング

今日は、Happy Balanceのミーティングでした。

メンバーが10時に集合。

今後の方向性、活動内容についてなど、それぞれのメンバーの思いを共有しました。

あんなことも、こんなことも、やりたいことはたくさん。

そこを整理しながら

少しずつ見えてくる今後の更なる活動のステップUP構想

もう少しです。

HappyBalanceを応援してくださる皆様

今後の活動をお楽しみに~♪



[ 2012/03/19 18:50 ] Report | TB(0) | CM(0)

新入学ママのためのぶっちゃけば

新入学ママ+小学生ママのためのぶっちゃけばレポート

中村がご報告

昨日の気持ちのいい朝とは違い今日は、あいにくの雨。

それでも今日はわたしの好きなHappy Balnce「ぶっちゃけば」の日

今日は何をぶっちゃけようか…。

出かける支度をしながら頭の中をぐるぐる回る。




今日は4月に小学校の新入学を迎えるママの初参加が多くて、フレッシュ!!


テーマは「新入学に向けての不安。悩み」


3年前を思いだすな~…

あんなこと、こんなこと、何かと心配なママ


120305_1144311_convert_20120305150338.jpg


【ママの不安・悩み】

・学校に早起きしていけるか心配
・友達をつくれるか心配
・お母さん同士の付きたい方
・PTAて?
・役員はいつ?
・先生との付き合い方は?
・宿題は大変?
・学校のことで相談する窓口は?

などなど


【子どもの不安】

・学校はどんなところかわからず不安




わっかるぅ~~~

そうだよねぇ~~

小学校という大きな社会に巣立つわが子をいろいろ心配するよね
そして、小学生のお母さん同士どんな風に付き合えばいいかわからないよね
こどものことを大切に思うから心配で不安で仕方がない。そんな気持ちわかるな~

 120305_1143591.jpg  



【本日のぶっちゃけばのツボ】

・PTAや役員を怖がらずに子どもの為と思い経験してみると学校や先生のことがよくわかりプラスのこともある

・お母さん同士のコミニュケーションはまずは小さなメモ程度から始めてみて!




子育ての悩みはそれぞれで、不安もいっぱいですが、そんなお母さんのこころにこれからも寄り添っていきたいと思う中村でした。


[ 2012/03/05 14:57 ] Report | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。