Happy Balance

「子どもとわたしHappy Balance」をキーワードに、子育て中の親や子ども達の育ちを、講演会やセミナー、イベントなどを通して応援しています。  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こどものためのオモチャ広場

オモチャ広場
「新潟コミュニティ・バンク 設立フォーラム」がユニゾンプラザで開催されました。
同時開催の~子どものためのオモチャ広場~
Happy Balance の活動案内を貼らせていただきました。
とても素敵にできたのに、写真が今ひとつで、その素敵さが伝わらないのが残念です。
先日のおもちゃの講座に登場した木のおもちゃたちが紹介されていました。オモチャ広場
4月からのHappy Balance ただ今計画中です。
お楽しみにね
スポンサーサイト
[ 2006/03/21 20:44 ] Report | TB(0) | CM(0)

楽しいおもちゃとお話time

060316おもちゃ2 本日、楽しいおもちゃとお話しTime2が開催されました。
先回、楽しいおもちゃとお話しTimeにたくさんのお申し込みをいただいたのに定員のためご参加いただけなかったみなさんのため、また、たくさんリクエストをいただいておりましたので今回の第2回開催となりました。
 「木のおもちゃ店krtek(クルテク)」店主、おもちゃコンサルティングの横山さんから、おもちゃや親子のあそびを通して子ども達に伝えたい想い、発達に合わせたおもちゃの選び方、おもちゃを選ぶときの注意点など、お話しをうかがいました。060316おもちゃ1
   “どんなおもちゃがいいおももちゃなのかなぁ?”
 おもちゃを買って与える親としては、出来るだけ良いものを、というのは子どもの年齢に関係なく、共通する気持ちですね。
この日も6ヶ月の赤ちゃんから3歳までのお子さんとお家の方で大変にぎわいました。
   子どもの欲しがるおもちゃと私が与えたいおもちゃが違う…
 そんなことでふとおもちゃ選びについて悩んでしまうこともあるのですが、
「お家の方が気に入ったもの、「こんなおもちゃで遊びたい」と思う方を選んで贈ることもいいのですよ」と、横山さん。
060316おもちゃ3  テレビとおもちゃ業界のからくりなどもお聞きして、
 う~ん、なっとく 踊らされてるかも…
 いろいろとためになるお話がお聞きできました。

 

 今回も定員の2倍を越えるお申し込みお問い合せをいただきました。
お断りした方には大変に申し訳ない想いのスタッフであります。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
“子どもと一緒では、なかなか話に集中できなくて、残念だった”というご意見もありました。
貴重な意見として今後の参考とさせていただきたいと思っています。
 オマケの感想はコチラ

Read More

[ 2006/03/16 22:14 ] Report | TB(0) | CM(0)

親子で楽しむももの節句パーティー

ももの節句パーティー  本日、“親子で楽しむももの節句パーティー”が開催され、5ヶ月から3歳までの親子20組の方に参加していただき、楽しいひとときを過ごしました。
 わらべうた 

第1部 絵本とわらべうたを楽しむ時間
 「野いちご文庫」の伊藤美智子さんをお迎えして、絵本の読み聞かせやわらべうたを歌いながら手遊びを楽しみました。
第2部 ランチタイム
 マクロビオティックランチをいただきながらおしゃべりTIME。
おべんとう
    *    *    *    *    *    *
 …20年経っても読みつがれ、愛されている絵本は本当によい本ということが出来るのではないでしょうか、と講師の伊藤さん。
  たしかに、子どものころ大好きで読んでもらっていた本を、今は私が子どもに読んでいる。
好きだった本を、子どももまた「これ読んで!もっかいもっかい(もう一回)」とせがんでくる姿がうれしい。
 子どもにどんな本が喜ぶかしら、どんな本を与えたらいいかな?っていうとき、そんな選び方もいいなぁと、伊藤さんのお話をうかがって感じました。
 それから「わらべうた」。ゆっくりなテンポに独特の音階。
唄っているうちにとてもスロウな気分に。
 子育てはゆっくりゆったり穏やかに…と思いながら、駆け抜けるこの時代や情報の速さに焦ったり育児ストレスをため込んだりする…。
そんなとき、子どもをお膝の馬さんに乗せてわらべうた唄ってみましょうか?
スロウに、スロウに、スロウに…良かったらHappyBalanceのおひざもお貸ししますよ。 
 おべんとうTIME、メニューは お麩のフライ・ひじき餃子・ブロッコリーのオリーブ焼き・人参グラッセ・玄米焼きおにぎり・シソおにぎり。
 今回のお料理ではお砂糖、乳製品、肉などは使われていませんがしっかりとした素材の旨味、甘みがいきていて野菜が美味しい美味しい!
 子ども(赤ちゃん)達の、喜んで野菜やおにぎりを食べている様子に、お家の方もニコニコ。
「いつもは人参をベーッと出しちゃうのに♪」と嬉しそうにおっしゃっていたお母さんが印象的でした。
 参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
みんなで食べたマクロビオティックお弁当がとっても良かったので…
“畑の風”さんとのコラボなんていいんじゃないかしら?
ウフフ、次に向けて隊長は走り出しています

スタッフの用意した桜餅レシピはコチラで~す。

Read More

[ 2006/03/10 17:26 ] Report | TB(0) | CM(2)

マクロビオティックランチってなに?

「親子で楽しむももの節句パーティー」へたくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
 ひとつご質問をいただきました。
Q:「パーティーの中のマクロビオティックランチというのはどういうものでしょう?」 
A:わたし達なりにお答えいたしますと…、マクロビオティックとは、食事による健康づくりの一つの考え方・哲学で、健全な食生活が健康への最善の道という考え方です。その食事は全粒穀物と、季節ごとに採れる伝統的な食べ物に基いています。
 今回は、健康によい食事メニューとして、穀物と野菜の持ち味を活かしたマクロビオティックランチをご用意しました。
 ちいさいお子さんを育てているおやごさんへ、食育について考えるひとつのきっかけになるといいなと願っています。
 
 参考にさせていただきました:久司道夫さん公認HP
 食育について:食育・食生活指針の情報センター
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。