Happy Balance

「子どもとわたしHappy Balance」をキーワードに、子育て中の親や子ども達の育ちを、講演会やセミナー、イベントなどを通して応援しています。  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なかなか古町“子育て応援ひろば”

NEC_0002.jpg
 まめ本を置いてもらおうと思って、ここに行ってきました。
 ココ は「なかなか古町“子育て応援ひろば”」です。
平日だったので、利用者はまばらでしたが、ママと一緒・おばあちゃまと一緒・おじいちゃまと一緒 などなど…何組かのお子ちゃまが遊んでいました。
 コレまでの新潟市の子育て支援施設とはちょっと違う雰囲気、OPENな風を感じました。

 Happy Balanceとふと~く繋がり、限りなく…かぶってる人もいる「子育てハンズどっとねっと(にいがた女性会議子育て支援部会)」さんは企画段階で担当課の方とお話しさせていただく機会がありました。
そこで、いくつか要望、アドバイスを届けさせてもらったのですが…。
 イスが欲しい、棚が欲しい、コート掛けが欲しい、ベビーカー置き場が欲しい、おトイレの数はもっとなくちゃダメ、床の素材は…
あまりのリクエストの数に担当者さんはクラッとなさったかも…? 
 でも、できることはできると、無理なことにはムリ!と耳を傾けてくださって…、
こんなにステキな施設ができました。NEC_0013.jpg
 私にはここに連れて行ける未就園児はもういないし…、
かろうじて低学年用ひろばで遊べるか?という感じなのですが、
そんな経緯もあり、なかなか…いや、とっても愛着を感じています。
 そしてココの施設の素晴らしいところは一時保育機能が付いている所です。
保育を申し込むには、あらかじめの利用者登録と予約が必要なのですが、理由は問わず、1歳から就学前、1時間300円、最長4時間まで、10日前から予約可能、土日もOK・料金変わらずとなると…、かなり利用しやすい感じですね。
 私なら…通院の時に、幼稚園などの参観の時に、「あ~ん、もうなんかやんなっちゃった、ふぅ」の時、図書館でゆっくり時を過ごしたり、ワレモノこわれ物いっぱいの雑貨屋さんなど眺めて、リフレーーーーッシュ!してみたかったですね。
 子どもの頃、両親にボーナスが出ると家族でおしゃれして古町に繰り出した。
日野屋でおもちゃを買って、レストラン都屋でご馳走を食べて、大和デパートで洋服を買ってもらう。
 ハレの日のお買い物は古町。
 ケの日の買い物はダイエー…。
私にとって古町は今でも「ハレの町」。
 いろんな事に追われるように暮らしている毎日ですが、
時にはおしゃれしてバスに乗って街に繰り出し、
子どもの頃の思い出をたどるよう、子どもとFULL MUCH楽しみたい。

 “なかなか”も、古町という街も、今のところ子どもと一緒の人も利用しやすいとはなかなか言えない。
でも、そこを訪れる人が「こうだったらいいのに」「こんな事で困ったのです」と声をとどけたら、もっと街は変わるでしょう。
子どもに優しい街はきっとどんな人にでもやさしいからね。
スポンサーサイト
[ 2006/09/20 00:14 ] Report | TB(0) | CM(2)
お久しぶりです。Yさん、お元気ですか?
この”なかなか”の話を聞いたとき、「まちづくり講座」でYさんがお話していたことを実現されたんだと思いました。

私が利用したときは、そばにいたお母さんはまちなかに子育て支援センターがなかったから、こういうところができて助かるとおっしゃっていました。

古町は私にとっては、幼少期も青春時代?も遊び場。
その昔は、デパートの屋上に遊具もたくさんありました。
本町の露天のおばちゃんから駄菓子を買っていた世代です。
いつかそんな時代にちょっとでも戻れたら(近づいたら)いいな、と思うのが私のちっちゃいけど、大きな夢かな。
[ 2006/10/21 00:08 ] [ 編集 ]
まぁちゃん、お久しぶりですね
お元気でしたか?
 去年の夏でしたね、「まちづくり講座」。
ホント懐かしい、熱く語りましたよね。

 まぁちゃんは街中っ子だったんだもんね。
こどもの頃の思い出は美しく、宝物。
私たちのこども達にも「宝物」残してあげたいね。
まぁちゃんの夢、応援しています!
[ 2006/10/22 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。